topics

2018年06月26日 グローバル金融機関の社会貢献プログラムの一環でろう者と社員と合同セッションを開催

グローバル金融機関の社会貢献プログラムの一環でろう者と社員と合同セッションを開催

2018年6月24日(日)にグローバル金融機関の社会貢献プログラムの一環として、社員様とろう者の合同セッションを開催しました。
今回は、異言語脱出ゲームの新作『うしなわれたこころさがし』を実施。『うしなわれたこころさがし』は、ろう者が案内役になり、レクチャーを受けた社員様が、覚えたばかりの手話や身体表現を使ってろう者とコミュニケーションを取りながら謎解きをしていく異言語脱出ゲームです。社員様には大変好評で、ゲーム終了後は、社員様と案内役のろう者の間で談笑があちこちで起き、手話や身体表現を使ってのコミュニケーションの拡がりに大きな可能性を感じました。

以下は社員様の感想です。
・異言語脱出ゲームをやる前はもっと手話でやるから静かだと思っていたけど、案外騒いでやったので楽しかったし、手話の意味が分かって嬉しかった。
・手話だけではなく手ぶりすることでも会話をすることができて、ろう者との会話がとても簡単だった。
・どんな状況でもコミュニケーションは可能。
・ろう者だからこそ感情表現が聴者よりも豊かでコミュニケーションの取り方として学ぶことが多かった。
・GOOD TO EXPERIENCE A NEW WORLD OF COMMUNICATION.